FX分析ブログTOP > 取引口座の知識 > FXをやっているなら複数口座を開設しておいたほうがいい理由

FXをやっているなら複数口座を開設しておいたほうがいい理由

FXをはじめるには取引をするための専用口座が必要ですが、もし本格的にFXを始めようと思っているなら、取引口座は複数持つことをオススメします。

『口座開設したほうがいい理由』

少なくとも今一つしか取引口座を持っていない人は、万が一のことを考えて絶対にもう一つ「サブ口座」を持ちましょう。各FX会社はサーバーがダウンして取引ができなくならないように十分な注意をしていますが、それでもサーバーがダウンして取引ツールにアクセスできなくなる場合があります
その時にメインの口座一つしか持っていないと何もできなくなりますが、別のサブ口座でも取引をしていれば、そちらで反対売買の注文をすることで対応が可能になります。

例えば、相場の大きな動きをみて成り行きで新規注文をした後に、いきなり取引画面にアクセスできなくなってしまうと、トレーダーは大きなリスクを抱えることになります。特に大きな値動きをしないでFX会社のサーバーが復旧すれば何事もなくFXを続けられますが、マーケットの未来は誰にもわかりません。取引ができなくなった直後にフラッシュクラッシュのような短時間の急激な相場変動が発生して大きな損失を抱えてしまう場合も考えられます。

しかし、サブ口座でも取引をしていれば、仮に相場が自分の予想した方向と逆方向に大きく動いてしまっても、サーバートラブルで取引ができなくなってしまったメイン口座と逆のポジションをサブ口座で同じ枚数建てることで、反対売買と同じ注文をしたことになるので損失を限定することができるのです。

一旦取引画面にアクセスできなくなってしまうといつ復旧できるのかは誰にもわかりません。ポジションを持っていて自分が使っているFX会社のサーバーが停止してしまった時の恐怖と不安は実際に体験してみないとわかりません。その大きなリスクは、取引口座を「メイン口座」と別のFX会社の「サブ口座」の二つを使いわけることで減らすことができるのです。

FXの口座開設や維持費用は、基本的にどこのFX会社も無料なので口座を複数もってもデメリットは「管理がめんどくさい」のと「FX会社のメールがたくさんくるとちょっとうざい」くらいしかありません。いくつもの不運が重ならないとありえないことですが、メイン口座と別のFX会社のサブ口座の両方が同時につながらなくなることもあるかもしれません。そんな時のためにも口座はいくつも開設しておいたほうが安心してFXを続けることができます。

ネットではFX会社のいろいろな評判が出回っていますが、実際のところ使いやすい口座なのか、自分のトレードスタイルにあった口座なのかは「使ってみないとわかりません」。その人のトレードスタイルによって使いやすいFX会社は異なるので、まずはいろいろなFX会社を使ってみて、自分に一番あった使いやすいところを選ぶためにも複数の口座開設をしておくとよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オススメできるFX取引会社
スプレッドや約定率を比較して選んだFX初心者でも安心して使えるオススメのFX会社です。
FX業界最狭水準のスプレッドで全20通貨ペアで取引できるDMM FXなら取引チャンスを逃さずトレードできます!初心者でも簡単、安心、スマホからでも取引可能!
スプレッドが原則固定された裁量取引に向いているベーシックコースとMT4の自動売買に対応したプロコースから選べるFX取引会社です。

コメントを残す

名前