FX分析ブログTOP > 通貨情報、考察 > レバレッジ10倍の規制でFX業界はどうなるのか?

レバレッジ10倍の規制でFX業界はどうなるのか?

金融庁がFX取引のレバレッジを現在の25倍から10倍に変更することを検討しているというニュースがありました。

FX証拠金倍率を引き下げ 10倍程度に、金融庁検討

ニュースには下の通り個人投資家を保護する意味合いの言葉が書いてありました。

[日本経済新聞からの引用]
外国為替相場が急変動した際、個人投資家や金融機関が想定を超える損失を抱えるリスクが高まっていると判断した。

FXのレバレッジ規制は、個人投資家の保護には意味がないことは、過去に記事で書いています。

日本のFXのレバレッジ規制は業者保護のため?
為替取引は通貨戦争か?日本のFXレバレッジ規制の悪影響

日本のFXのレバレッジは下の推移でレバレッジ規制が進行してきました。

規制が始まる前はレバレッジ最大400倍

2010年8月1日からレバレッジ最大50倍

2011年8月1日からレバレッジ最大25倍

この度2018年に、10倍程度へ変更を検討

一つ大きな疑問があります。金融庁はレバレッジ規制を繰り返していますが、過去のレバレッジ規制は個人投資家の保護につながっていたのでしょうか

金融庁であれば、相場の変動で大きな損失を被ってしまった個人投資家の取引の詳細も把握していると思いますので、それらの数値を見て客観的に判断し、今回レバレッジ規制を検討することに決めたのかもしれません。

しかし、もし過去のレバレッジ規制で個人投資家が損失を被りにくくなっているのであれば、25倍までレバレッジを下げている時点ですでに効果が出ているものと思われます。過去の証拠金規制で効果が出ているならば、さらにレバレッジ規制をする必要はありません

今回さらなるレバレッジ規制を検討しているということは、過去のレバレッジ規制でも個人投資家の損失の規模が変わっていない過去のレバレッジ規制は効果がなかったということの証明ではないでしょうか。

これは例えるならば「効かない薬を投与し続ける医者」と変わらないように思えます。患者の病気を治すために薬を投与してみたが、効き目がないのでさらに強い薬を投与してみようという安易な考えであれば、原因がわからないまま効き目があるのかわからない薬をいかに強くしても患者の容体がよくなることはないでしょう。むしろ薬の副作用で患者の状態は悪くなる可能性すらあります。医者はあくまで例なので本当にこんな医者がいるとは思いたくありませんが「患者を治療すること」に目的があるのではなく「薬を投与すること」に目的があるのであれば、本末転倒としか言えません。

値動きが株よりも少ない為替レートの変動でレバレッジが制限されれば金融商品としてのFX取引の魅力は消滅するので、10倍へのレバレッジが規制されれば、下のような悪循環が発生する可能性が高くなります。

・国内FX取引をする人が減る

・取引が減るので国内FX業者ではスプレッドが拡大したり約定しにくくなる

・さらに取引をする人が減る

・資金力のないFX会社からつぶれていく

・さらに取引をする人が減る

今回の25倍から10倍へのレバレッジ規制はまだ検討ということなので実施するかはわかりません。実施するなら来年にも実施する可能性があるということです。10倍になれば日本のFX業界は終わると思われます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オススメできるFX取引会社
スプレッドや約定率を比較して選んだFX初心者でも安心して使えるオススメのFX会社です。
FX業界最狭水準のスプレッドで全20通貨ペアで取引できるDMM FXなら取引チャンスを逃さずトレードできます!初心者でも簡単、安心、スマホからでも取引可能!
スプレッドが原則固定された裁量取引に向いているベーシックコースとMT4の自動売買に対応したプロコースから選べるFX取引会社です。

コメントを残す

名前