FX分析ブログTOP > FX基本 > 取引ルールを決める

取引ルールを決める

トレードスタイルはいろいろありますが、すべてに共通してはじめに決めなければいけないのは「ルール」です。裁量トレードでもシステムトレードでもルールを決めないトレードは運任せのギャンブルに過ぎません。運任せのギャンブルでもまぐれ勝ちをすることはできますが、運がつきたらそこで退場です。

ルールの決め方は自分にあった取引方法をまず決めるのがよいでしょう。

・順張りにするか、逆張りにするか
・どのテクニカルを使うか。
・時間軸をどうするか(スキャル・デイトレ・スイング)
・損失はどこまで許容するか。
・どこで利食いするか。
・ファンダメンタルとテクニカルのどちらを重視するか。

いろいろな項目がありますが、ルールを決める時にはできるだけ複雑にし過ぎないようにしましょう。いろいろなテクニカルを使ってエントリー条件を絞って勝率90%の手法を見つけたとしても、それは過去の数値の中から都合のよい条件付けをして数値をよくしただけに過ぎません。実践になれば今度は確率が収束していき負け続ける方法になります。

大切なのはルールに確率的に有利になる要素を作り、その優位性(エッジ)で勝負をすることです。為替の大きな流れを左右するのは国が決める金融政策ですが、それだけでは決まりません。チャートは市場に参加する多くの人の思惑によって作られます。多くのトレーダーが注目していたり、重視しているテクニカルは値動きのポイントとなることが多いので、そのポイントで勝負をすれば優位になる確率は高くなります。

下の要素を満たしているトレードルールを決めれればFX勝利への道は一歩近づきます。

・優位性(エッジ)があるか
・ルールを複雑にし過ぎていないか
・ルールは守れるか

このエントリーをはてなブックマークに追加
オススメできるFX取引会社
スプレッドや約定率を比較して選んだFX初心者でも安心して使えるオススメのFX会社です。
FX業界最狭水準のスプレッドで全20通貨ペアで取引できるDMM FXなら取引チャンスを逃さずトレードできます!初心者でも簡単、安心、スマホからでも取引可能!
スプレッドが原則固定された裁量取引に向いているベーシックコースとMT4の自動売買に対応したプロコースから選べるFX取引会社です。

コメントを残す

名前