FX分析ブログTOP > FX基本 > レンジ相場とトレンド相場

レンジ相場とトレンド相場

相場は7割程度がレンジ相場で残りの3割程度がトレンド相場になると言われています。レンジ相場というのは値がボックスの中で上下するのでレンジ内での逆張りが有効な手法です。トレンド相場はレンジをブレイクして大きく値が動くのが特徴なので順張りが有効な手法です。

レンジとトレンドは性質が真逆なのでどちらにも対応した手法というのは一般的に存在しません。レンジとトレンドの見分けが完璧にできるトレーダーがいれば最強ですが、凡人にはそんなことはできないので、どちらの手法に重きを置くかでトレーダーのスタイルが変わってきます。

トレンドを追う手法はトレンドが出れば大きく値幅を取れる手法です。トレンド相場で勝つ手法ではレンジ相場で騙しのブレイクアウトにあうことが多くなるので勝つためにはいかにしてレンジ相場を見極めるかが重要になってきます。トレンド相場は相場の中で3割程度なので必然的に順張りトレンド型の手法は勝率が低くなります。

レンジ逆張りのトレードスタイルではその逆で値幅はレンジ内なので利益は少なくなりますが、勝率は高くなります。レンジ逆張り派はレンジをいかにして早く見つけるかが勝率を上げるカギになります。相場はレンジが多いのでレンジ逆張り派に有利に見えますが、レンジをブレイクアウトした時の損切りの見極めを間違えるとたった1回の間違いが致命傷になることがあるので油断は禁物です。

トレンド順張り、レンジ逆張りはどちらも有効な手法です。トレーダーにあったそれぞれのスタイルでどちらを選ぶか決めるのが取引手法を決める第一歩になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オススメできるFX取引会社
スプレッドや約定率を比較して選んだFX初心者でも安心して使えるオススメのFX会社です。
FX業界最狭水準のスプレッドで全20通貨ペアで取引できるDMM FXなら取引チャンスを逃さずトレードできます!初心者でも簡単、安心、スマホからでも取引可能!
スプレッドが原則固定された裁量取引に向いているベーシックコースとMT4の自動売買に対応したプロコースから選べるFX取引会社です。

コメントを残す

名前