FX分析ブログTOP > トレード備忘録 > 6月利上げの公算が高まりドル高 USD/JPY相場5月16日~5月20日

6月利上げの公算が高まりドル高 USD/JPY相場5月16日~5月20日

【月曜日】
月曜朝に下値108.465をつけたドル円相場はそこが週の安値となって上昇を続けた。土曜に発表されていた中国の鉱工業生産、小売売上高が予想より悪かったが影響は限定的で大きく窓を開けるようなことはなかった。日本時間11時台には109円手前まで上昇したが、109円は超えられなかった。その後109円を何度か試し深夜2時にブレイクした。
【火曜日】
ジリ上げを続けていたドル円相場は109円をブレイクしたあと109円を中心に小幅な三角持ち合いのレンジ相場を形成し日本時間14時に上方向にブレイクした。ブレイクすると上昇は勢いを増して109.7近くまで値を上げたが110円までは値が重く、1月29日の高値から引くトレンドラインを超えられずに急速に値を戻し再び108円台まで値を下げた。値を下げ始めた後に発表されたアメリカの消費者物価指数は予想より強かったためドル円は一時的に値を上げたが、下げ止まりはしなかった。ただ、下値は固く、その後は109円台でレンジ相場となった。
【水曜日】
8:50に発表された日本の実質GDPは予想より強く前期比+0.4%となっていた。GDP発表後ドル円レートは上下に値を試してから一旦は108.7近くまで下げたが、その後は一方的に値をあげる展開へと変わっていった。G7の経済刺激策に期待する声もあったようだ。日本時間19日3:00のFOMC議事録公表までは期待もあってか、上昇を続け、FOMC議事要旨で「大半のメンバーは経済が正当化されるならば、6月利上げの可能性が高いと判断」との内容が確認されるとドル買いが強まってトレンドラインも超えて110円も超えた。同日18日の党首討論で民進党の岡田克也代表に再増税延期に言及された安倍総理大臣が増税判断を参院選後にする方向で調整に入ったとの報道もあった。
【木曜日】
110円をブレイクしたドル円相場は、その後はやや値を下げたが110円を挟んで時間調整することになった。木曜日に発表されたアメリカの新規失業保険申請件数は予想よりやや弱かった。指標発表後にやや荒い値動きになったが、109.690の安値を付けた後は、ダドリー米ニューヨーク連銀総裁の発言などもあってまたじりじりと上昇する展開となった。
【金曜日】
FOMC議事録の影響から6月の利上げを織り込む動きが続き、ドル円レートは日本時間23時には110.582の高値をつけた。その後、日本経済新聞が、日銀は将来の金融緩和の出口に備え引当金を積むと報じると、日銀の出口戦略に関わる報道に敏感に反応し110.10近くまで値をさげた。しかし、110円を再び割らずに1週間を終えた。
【今後の見通し】
週足で三本の陽線が連続したのは昨年8月のチャイナショック後では初めてとなる。チャートではレジスタンスラインを抜けて110円まで値を伸ばしたので上昇トレンドが継続している。
201605
金曜は3月29日の高値から引くレジスタンスラインを超えられずに値を戻した形になっている。チャートを素直に信用するとここで一旦は下落に転じる可能性がありそうだ。しかし、再び上昇し3月17日の安値でもある110.7を超えてくるようだと再度上昇幅を強めそうだ。
【次週の予定】
26日、27日に伊勢志摩サミットがあり、どのような決定がされるのかに注目が集まる。イエレンFRB議長の講演も予定されており、6月利上げに関する議長の発言があるかにも注意したい。

USD/JPY week O:108.663 H:110.582 L:108.465 C:110.194
USD/JPY予想レンジ 5月23日~5月27日 108.00-112.00

このエントリーをはてなブックマークに追加
オススメできるFX取引会社
スプレッドや約定率を比較して選んだFX初心者でも安心して使えるオススメのFX会社です。
FX業界最狭水準のスプレッドで全20通貨ペアで取引できるDMM FXなら取引チャンスを逃さずトレードできます!初心者でも簡単、安心、スマホからでも取引可能!
スプレッドが原則固定された裁量取引に向いているベーシックコースとMT4の自動売買に対応したプロコースから選べるFX取引会社です。

コメントを残す

名前