FX分析ブログTOP > トレード備忘録 > ヘリコプターマネー期待で大幅反発したドル円相場 USD/JPY相場7月11日~7月15日

ヘリコプターマネー期待で大幅反発したドル円相場 USD/JPY相場7月11日~7月15日

【月曜日】
週末の日本の参議院選で与党が勝利したことを受けたせいか、先週の終値よりやや高く始まったドル円相場は、そこが週の安値となって上昇を続ける相場となった。安倍総理大臣が選挙後に経済対策の策定を表明する見通しとの報道に反応して上昇を強め、先週上値の重かった101.5をブレイクすると102円後半まで値を上げた。元FRB議長のバーナンキ氏が日銀を訪問し黒田総裁と会談をしたという報道や、EU離脱の国民投票結果が出ているイギリスの首相が、残留派のメイ氏でほぼ決定したことで不透明感がやや後退したことも上昇をサポートしていたかもしれない。
【火曜日】
朝方102.5を割るところまで下げてきたドル円レートだったが、102.448で反転し再び上昇を続けた。15時から元FRB議長のバーナンキ氏が安倍総理大臣と会談をするという報道もあり、経済対策への期待感もあってか103.5近くまで上昇する。6月16日の安値103.531が意識されたためか103.55ではじかれ、同時刻に石原経済再生相が「補正予算財源として赤字国債の発行は望ましくないと思う」「今日特に4大臣と財源について議論していない」などと発言したことを受けて経済対策期待が後退し102円台まで値を下げていた。しかし、その後再び値を上げて前回高値を更新し、上昇幅を強めていった。日本時間13日の2時には104.985まで値を上げた。バーナンキ氏が日銀はまだ追加緩和手段があるとの見方を示したことも相場をサポートしていたようだ。同日は南シナ海仲裁裁判で国際仲裁裁判所が中国の主張には法的根拠がないとの判決を下した報道が出ていたが相場への影響は限定的だった。
【水曜日】
104円後半の高値を維持していたドル円レートだったが、日本市場がはじまると下落をはじめ菅義偉官房長官が午前の記者会見で「ヘリマネ検討してない」という主旨の発言をしたことで下落が強まり、一時104円を割れる展開となっていた。しかし底値は固く、13日は104円から105円のレンジ相場となった。同日は中国の貿易収支の発表やイギリス首相就任、19時ごろに天皇陛下が退位の意向を示されたことなどが報道されていたがレンジ相場は継続していた。
【木曜日】
朝方は本邦輸出の売りなどの影響かやや値を下げていたドル円相場だったが、本田悦郎氏が「4月訪米時に永久国債の発行をバーナンキ氏が議論」と述べたことで円売りが加速し105円をブレイクし上値を追う展開となった。その後は日本政府からヘリコプターマネーを否定するような報道があったことから値をやや下げる場面もあったが、ブレイクした105円を割ることはなかった。同日発表されたアメリカの生産者物価指数は予想よりも強い結果となっていた。
【金曜日】
日本市場開始前に105円近くまで値を戻していたドル円レートだったが、ヘリコプターマネーへの期待からか円安が引き続き進行し、中国の実質GDP、小売売上高の経済指標が予想より強かったこともあって一時106.299まで値を上げた。しかし、その後はフランスで花火見物客にトラックが突っ込み80人以上が犠牲になるという痛ましいテロ事件が起きたことで相場はリスクオフとなり円が買われる展開となってドル円はやや値を下げた。同日発表されたアメリカの小売売上高は予想より強かったが、消費者物価指数は予想を若干下回る結果となっていた。ドル円相場の下落は限定的で105円を割ることはなかったが、16日の日本時間早朝の市場が閉まる前にトルコでクーデターがあったことが伝わると値を急激にさげ週の終値は104.754で終わった。
【今後の見通し】
トルコで起きたクーデターは失敗に終わり現政府に鎮圧された模様だ。週明けの相場への影響はどうなるかはまだわからないが、限定的となるとみてよさそうだ。ドル円は節目となっていた101.5、103.6、105.5をブレイクしているため、強い上昇トレンドが出ているとみてもよいと思う。クーデターの影響が考慮されなければ、週明け再び上昇する可能性があるが、上値が重ければ一旦は調整を挟む可能性もある。103.5以下に値を戻してくるようであれば、上昇相場とならず、100円から107円のレンジ相場となる可能性もあるので注意したい。
【次週の予定】
次週は21日のECBの金融政策発表に注目。ほかに特に注目すべき重要な経済指標はないが、市場はその翌週の日銀会合とFOMCに向けて調整をしていく可能性があるので注意したい。引き続きヘリコプターマネーに関する報道で一喜一憂する展開も見込まれる。先週はテロやクーデター、国際裁判の判決など地政学リスク要因となりそうな要素の報道がいくつもあった。世界的にそのような混沌とした状態に向かっている可能性があることも頭の中にいれながら市場と対峙していきたい。
USD/JPY week O:100.558 H:106.299 L:100.512 C:104.754
USD/JPY予想レンジ 7月18日~7月22日 103.50-110.00

このエントリーをはてなブックマークに追加
オススメできるFX取引会社
スプレッドや約定率を比較して選んだFX初心者でも安心して使えるオススメのFX会社です。
FX業界最狭水準のスプレッドで全20通貨ペアで取引できるDMM FXなら取引チャンスを逃さずトレードできます!初心者でも簡単、安心、スマホからでも取引可能!
スプレッドが原則固定された裁量取引に向いているベーシックコースとMT4の自動売買に対応したプロコースから選べるFX取引会社です。

コメントを残す

名前