FX分析ブログTOP > トレード備忘録 > 予想を大きく上回ったアメリカの雇用統計結果 USD/JPY相場8月1日~8月5日

予想を大きく上回ったアメリカの雇用統計結果 USD/JPY相場8月1日~8月5日

【月曜日】
週末には日本の東京で都知事選挙があり小池百合子氏が当選、2日に発表が予定されている政府の経済対策に関するニュースなども休み中にあり、それらの影響かやや先週の終値より高くドル円相場は始まったが、月曜はレンジ相場に終始した。アメリカ市場時間にはNYダウ指数の下落に合わせて値を下げる場面やISM製造業景況指数が予想より若干悪く下げる場面もあったが大きな値動きとはならず102円台前半のレンジ相場に終始していた。
【火曜日】
日本市場が始まると麻生財務相の為替に言及する発言があり102.819まで値を上げる場面があったが上方のブレイクは騙しとなりその後下落した。13時30分にはオーストラリアで予想通り金利の引き下げが発表されたがドル円相場に関しては値動きは限定的だった。15時になると株の下落につられドル円はドル安の流れもあって今度は下方にブレイクし102円を割れた。同日には政府が臨時閣議で事業規模28兆円超の経済対策を決定したり、麻生副総理と黒田総裁が会談を行い50年債を否定して40年債増発で理解との報道が出ていたことも相場に影響を与えていたとみれる。下落を続けるドル円レートは値を戻せず日本時間夜には100円台まで値を下げていた。IMFからはアベノミクスの改善をする必要があるとの意見も出ていた。
【水曜日】
昨日の100.679で下落の底を打ち101円台に値を戻していたドル円だったが昼になると急落し再び100円台へと押し戻されていた。急落後は前回の安値は下回らずに値を戻しレンジ相場となっていた。同日には政府が内閣改造の閣僚を決定して安倍総理の会見も行っていた。アメリカのADP雇用統計は予想より若干強い結果となっていたが、相場への影響は限定的だった。その後に発表されたISM非製造業景況指数は予想よりやや弱い結果となって発表後は弱い反応を示していたが、55.5と引き続き高い数値となっていたこともあってか、時間が経つと上昇し101.5をブレイクする場面もあった。しかし、その後は上髭をつけて押し戻されて再びレンジ相場に終始していた。夏枯れ相場の様相も出てきているのかもしれない。
【木曜日】
日本市場が始まると売りに押され100.867まで値を下げたが日銀の岩田副総裁の「緩和縮小はありえない」との発言も支えとなって値を戻し前日高値を超えて101.666まで値を上げていた。日銀がETF買い入れをこの日から増額していたことも後からわかり、市場を下支えしていたようだった。日本時間20時には英国で予想通り利下げが発表され、大規模な金融緩和策も決定されたためポンドは売られていたが、ドル円相場への影響は限定的だった。アメリカの新規失業保険申請件数は予想よりも弱い結果となっていたがドル円相場の反応は限定的だった。市場は明日の雇用統計を控えてレンジ相場を続けていた。
【金曜日】
日本市場が始まってからじりじりと値を下げていたドル円レートは17時に100.871まで売り込まれる場面もあったが雇用統計までは大きく値を動かすことはなく、注目のアメリカ雇用者数の発表時間になって非農業部門雇用者数が255000人と予想を超える大幅増となったことで値を上に伸ばしたが101.5で上値が押さえつけられていた。しかし平均時給の伸びも予想を上回っていたため買いは継続し日本の23時台には102円台までジリジリと値を伸ばした。しかし、その後は上昇が継続せずにやや値を下げて101.782で1週間を終えた。
【今後の見通し】
アメリカの雇用統計の結果が予想よりも強かったことで米利上げの可能性が出てきたので、ドル円は反転上昇の可能性を残した。ただ、金曜の上値は重くブレイクしていくのは簡単ではなさそうだ。8月に変わりチャートでは月足、週足で下値を切り上げているので、底値を打って反転を開始している可能性もある。ただし、8月5日からブラジルでオリンピックが始まっており、すでに夏枯れ相場に入っている可能性もあるので、本格的に相場が動き出すのは8月後半からになるかもしれない。
【次週の予定】
次週はアメリカの小売売上高、生産者物価指数に注目したい。数値がよければアメリカ経済の強さを確認できて利上げにつながる材料となるかもしれない。

USD/JPY week O:102.176 H:102.819 L:100.679 C:101.782
USD/JPY予想レンジ 8月8日~8月12日 100.00-105.00

このエントリーをはてなブックマークに追加
オススメできるFX取引会社
スプレッドや約定率を比較して選んだFX初心者でも安心して使えるオススメのFX会社です。
FX業界最狭水準のスプレッドで全20通貨ペアで取引できるDMM FXなら取引チャンスを逃さずトレードできます!初心者でも簡単、安心、スマホからでも取引可能!
スプレッドが原則固定された裁量取引に向いているベーシックコースとMT4の自動売買に対応したプロコースから選べるFX取引会社です。

コメントを残す

名前