FX分析ブログTOP > トレード備忘録 > 米利上げの思惑に揺れるドル円 USD/JPY相場8月15日~8月19日

米利上げの思惑に揺れるドル円 USD/JPY相場8月15日~8月19日

【月曜日】
前週の終値から変わらずスタートしたドル円相場は8:50に発表された日本の第2四半期の実質GDPが予想よりも悪かったことを受けて追加緩和の期待が膨らんだためか上昇した。しかし、10時につけた101.451が週の高値となってその後は下落に転じていった。EU市場時間に入ると100.868まで値を下げて、そこで一旦は小さなダブルボトムを形成すると、ニューヨーク連銀製造業景気指数が予想より悪い-4.21の結果となっていたが反発をして101円台へと戻して朝までレンジ相場を続けていた。
【火曜日】
101円台で推移していたドル円レートは日本市場が始まると急激に下げ幅を強めて行って、前日安値の100.8を下抜けると下げが加速し、日本市場時間では100円を割る手前まで値を下げていた。財務省から為替に言及する発言もあったが市場の反応は薄かった。100円の節目では一旦の反発は見られたものの、その後も下落は続き99円台へ値を下げ、21:30に発表された消費者物価指数が予想よりもやや悪い結果だったことを受けて一時99.518まで下落したが、同時刻にダドリーNY連銀総裁が「9月の利上げはあり得る。状況を考慮すると10年債利回りはかなり低い」と発言したことが伝わると急速に値を戻し、22:15に発表されたアメリカの鉱工業生産が強い結果だったことも受けて、23時には100.5まで値を戻していた。21:30のアメリカのCPIの発表前にはドル売りが強くなっていたため、結果が事前に漏れていた可能性もある。その後は100円台前半でレンジ相場となっていたが底堅く推移し100円は割れることはなかった。同日にはロックハート米地区連銀総裁も9月利上げの可能性について発言をしていたが市場の直接的な反応はみられなかったが、底堅い値動きをサポートしていたかもしれない。
【水曜日】
日本市場開始となる9時になると浅川財務官が「激しい動きあれば対応せざるを得ない」と発言したことを受けて上昇が加速していたが、8月2日の安値100.67が強い抵抗となって、上抜けできずにいた。しかし、昨日の9月利上げの可能性を示す発言の影響からかドル買いの圧力は強く、13時に100.67を明確に上抜けると一気に値を上げて101.161まで上値を伸ばしていた。ただ上値は引き続き重くその後は一転して下落に転じると100.6のサポートもあっさりと割れて100円台手前まで再び値を下げていた。その後日本の日が変わった後に公表されたFOMC議事録では公表後に上昇したが、利上げ時期への手がかりはなくその後ドル円は下落を強めていった。
【木曜日】
日本の朝方に仕掛け的な売りで再び100円を割れるとドル円は99.6円台まで値を下げていた。浅川財務官が再度為替に言及する発言を繰り返していたが、反応は薄くなっており相場を反転させる材料とはなっていなかった。しかし、その後に金融庁と財務省、日銀で13:50から情報交換会合を行うことが伝わると介入警戒感からか反転し100円台まで値を戻していた。さらに本田前参与がインタビューで「日銀は来月大胆な行動とる可能性」との報道が入ると100.3まで値を上げていた。しかし、上値は重く13:50から情報交換会合で目立った動きもなかったことに失望したのか、ドル円は再び100円を割れて99.7まで値を下げていた。ただ、99円台では下げも限定的になってきていて、その後は反転をすると100.5まで値を戻し、ドル円は三角持ち合い相場となっていった。同日ダドリー連銀総裁から再び利上げについて発言があったが反応は限定的だった。ドル円は100.5をブレイクできずに値を下げて再び100円を割れて99円台となっていた。しかし前回の安値を割ることはなく、ダブルボトムを形成していた。日本の朝方にはサンフランシスコ連銀総裁も利上げに支持を表明していたことが伝わっていた。
【金曜日】
ダブルボトムのネックライン100円をブレイクするとドル円は上昇幅を広げて100.5手前まで上昇したが前日高値の更新はできずレンジ相場となっていた。その後は特に大きな材料もなかったため、100円台前半でレンジ相場を形成して週を終えた。
【今後の見通し】
終値でアベノミクスの半値戻しといわれている100.6を下回って終わったため、今後の上昇への期待は薄くなったとみれる。週足でも4本連続の陰線となりドル円は売りが続いている。現在は三角持ち合いとなっているため、今後はブレイクした方向に相場の勢いがつきそうだ。
【次週の予定】
26日ジャクソンホールでイエレン議長の講演がある。ここで9月利上げについての材料が得られることで相場の方向性が見えてくると考えている。ほかではアメリカ、日本の各経済指標には注意しておきたい。
USD/JPY week O:101.225 H:101.451 L:99.518 C:100.184
USD/JPY予想レンジ 8月22日~8月26日 98.00-103.00

このエントリーをはてなブックマークに追加
オススメできるFX取引会社
スプレッドや約定率を比較して選んだFX初心者でも安心して使えるオススメのFX会社です。
FX業界最狭水準のスプレッドで全20通貨ペアで取引できるDMM FXなら取引チャンスを逃さずトレードできます!初心者でも簡単、安心、スマホからでも取引可能!
スプレッドが原則固定された裁量取引に向いているベーシックコースとMT4の自動売買に対応したプロコースから選べるFX取引会社です。

コメントを残す

名前