FX分析ブログTOP > FX基本 > エントリーする前にイグジットは決めておく

エントリーする前にイグジットは決めておく

エントリー(Entry)はどこでポジションをとるかという相場への入り口のことです。FXにおいては買いか売りの二択しかありません。
イグジット(Exit)はポジションをクローズさせる出口のことです。損切り(stop loss)するなのか利食い(take profit)するのかのどちらかです。

FXでエントリーポイントを選ぶ時はテクニカル指標を使ったりファンダメンタル分析を行ってどこでポジションを持つか決めることになります。
そして、エントリーした後は必ずイグジットを決めておかなくてはいけません。イグジットが決まっていないポジションというのは本来持つべきものではないのです。

利益確定の値を決めていないポジションというのは、利益になる可能性がないポジションを持っていることと同じです。毎回利益確定の値を決めずにポジションを持っているなら、負けるためにFXをしているようなものです。
相場の動きに合わせて利益を確定させればいいと考えてポジションを持っているのかもしれませんが、そういうことができるのは一部の凄腕トレーダーだけであって、感情をコントロールすることができない凡人にはできません。

損切りを決めていないポジションというのは、損失がどこまで拡大するかわからないポジションを持っているのと同じです。相場においてはフラッシュクラッシュのような突発的な出来事が起こることもあり、未来は誰にも分りません。損切りを決めていないポジションは一回のトレードで全財産を失うリスクにさらしているようなものです。トレード回数を重ねれば重ねるほどFXではいつか必ず負けて退場することになります。

FXではエントリーとイグジットを繰り返し、確率的に優位な方法で利益を積み重ねるのが勝つための方法です。エントリーする前にイグジットが決まっていないポジションをとるような方法では勝率100%の損切りしない手法でない限りFXで勝つことはできません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オススメできるFX取引会社
スプレッドや約定率を比較して選んだFX初心者でも安心して使えるオススメのFX会社です。
FX業界最狭水準のスプレッドで全20通貨ペアで取引できるDMM FXなら取引チャンスを逃さずトレードできます!初心者でも簡単、安心、スマホからでも取引可能!
スプレッドが原則固定された裁量取引に向いているベーシックコースとMT4の自動売買に対応したプロコースから選べるFX取引会社です。

コメントを残す

名前