FX分析ブログTOP > トレード備忘録 > 2015年高値と2016年安値の半値戻し達成 USD/JPY相場11月21日~11月25日

2015年高値と2016年安値の半値戻し達成 USD/JPY相場11月21日~11月25日

【月曜日】
前週の終値からほとんど値が変わらずにスタートしたドル円は早朝から前週の高値の抵抗になっていた111円をブレイクするも値を伸ばさず、再び110円台へと値を戻すと111円を挟んだレンジ相場へと移っていった。日本時間20時には一時110.5円を割り込むところまで値を下げたが、22時台になるとドル円がトレンドラインをブレイクして111円近くまで急騰する場面があって、急騰後は一旦値を戻したが、その後はジリジリと上昇する流れに変わっていった。急騰の理由は不明だったが、同時刻帯にはフィッシャー米FRB副議長の発言や、ポンドに値動きがあってドル円に影響していたのかもしれない。ドル円は深夜には高値を更新して111.3円台まで上昇していたがレンジ相場の中上値は伸びなかった。
【火曜日】
日本時間早朝、6時ごろに福島県沖を震源とするマグニチュード7.4の地震が発生し、地震発生後、津波警報が発令されたこともあってドル円は売られて110.5円を割りこみ昨日の安値を更新した。合わせて、トランプ次期アメリカ大統領が、大統領就任初日にTPP離脱を宣言するとの報道があってこれも悪材料とみられたのか、ドル円は日本時間9時台に110.254まで値を下げていた。しかし、下値は固く反転するとドル円は再び111円を中心とするレンジ相場に戻っていった。日本時間24時に発表されたアメリカの中古住宅販売件数などの経済指標は予想より強くドル円は上昇し、三角保ち合いをブレイクしたようなチャートとなったが、上値は追えずチャートではダマシとなってレンジ相場が継続する形となっていた。
【水曜日】
東京市場は日本が祝日で休みの中、ドル円は111円を挟んで小幅なレンジ相場へと収束していった。相場が動き出したのは欧州、アメリカの市場時間に入ってからで20時にチャート上で持ち合いを上方にブレイクした形となると上昇が強まり始め、22時台に月曜、火曜の高値を更新すると急上昇して113円手前まで上昇していった。同時刻に発表されていたアメリカの耐久財受注が予想よりも大幅に強かったことが上昇に拍車をかけ、節目の112円と2015年高値125.843と2016年安値98.898の半値戻しになる112.3をブレイクしたことも急騰した理由だったと考えられる。23:45に発表されたアメリカのPMIも予想より強かったが、24時に発表された新築住宅販売件数が予想よりも悪かったことでドル円は一旦天井を打った形となって112.3円近くまで値を下げるも、00:30に発表されたアメリカの原油在庫が減少していたこともあって、そこからは下値が固く下げ渋る展開となっていた。日本時間の日が変わった深夜28:00にはFOMCの議事要旨が公表されていたがすでに12月のアメリカの利上げはマーケットに織り込まれているため反応は薄かった。
【木曜日】
早朝に日本でまた地震があり、ドル円はやや値を下げる場面もあったが、112.3円は割ることなく再び上昇基調に戻っていくと、16時に昨日の高値を更新し、113円をブレイクし113.519まで値を上げていた。ブレイク後は、再び112円台まで値を戻したが112.7円台で反転するとジリジリと値を上げる展開が続いた。アメリカ市場は感謝祭のため休日となっていて値動きは小さくなっていたが、ドル円は113円台で推移していた。
【金曜日】
日本市場が開く9時になるとドル円は上昇し、上値を抑えられていた113.5円近辺をブレイクすると、113.891円まで上昇した。その後は、ここまで上昇が続いてきたためか、114円が意識されたためか、ドル円は反転して下落していった。16時台には113円を割り込みストップを狩るような値動きを見せると一時112.542円まで値を下げた。ただ下値は引き続き底堅く、その後はアメリカ市場が短縮取引ということもあってか、113円を挟むレンジ相場となって週の終値は113円台で引けた。
【今後の見通し】
ドル円は2015年高値と2016年安値の半値戻し112.3円を明確にブレイクしたことで引き続き上昇トレンドとなっている。次の抵抗は115円とみていて、115円ではここまでの上昇が急だったため、一旦は大きく売られる展開を予想している。ただ、売られたとしても一時的で下値は112円、110円が意識されて110円まで割り込む可能性は低いとみている。
【次週の予定】
次週は11月から12月に月が変わるので、月替わりのフローに注意したい。経済指標では12月1日に米ISM製造業景況指数、12月2日に米非農業部門雇用者数変化があり、雇用統計には要注目。また、週末の4日にはイタリアで憲法改正の是非を問う国民投票が予定されていて、否決されれば政権の不安定化からリスクオフの流れになる可能性もあるようなので注意しておきたい。
USD/JPY week O:110.895 H:113.891 L:110.254 C:113.034
USD/JPY予想レンジ 11月28日~12月2日 112.000-115.000

このエントリーをはてなブックマークに追加
オススメできるFX取引会社
スプレッドや約定率を比較して選んだFX初心者でも安心して使えるオススメのFX会社です。
FX業界最狭水準のスプレッドで全20通貨ペアで取引できるDMM FXなら取引チャンスを逃さずトレードできます!初心者でも簡単、安心、スマホからでも取引可能!
スプレッドが原則固定された裁量取引に向いているベーシックコースとMT4の自動売買に対応したプロコースから選べるFX取引会社です。

コメントを残す

名前